エントリー

【宮若市】上大隈老人クラブ『光明学院大学』の紹介

  • 2018/06/18 14:31

 先日、宮若市へお邪魔した際に、上大隈老人クラブ『光明学院大学』の会計をされている相場さん(写真や資料をいつも提供いただいているのです)とお話しをする機会があり、単位クラブの創立55周年記念誌を作成していることを伺い、後日送っていただきました。

 単位老人クラブ?光明学院大学?と悩まれた方もいらっしゃると思いますが、こちらは昭和36年、当時の公民館長さんが公民館関係者と大分市に視察旅行に行った際に、老人大学のことを聞き、「おもしろい!宮田町でも」と早速作ったのが始まりだそうです。

また名前の由来は「老人には光明が大切」ということで名付けて『光明学院大学』となったそうです。毎年4月にに入学式、毎月1回講師を招いて2時間の勉強、その合間に春の遠足と秋の修学旅行。10月には落第式。以後4月までは冬休みとなるそうです。以前は終業式としていたそうですが、皆さんには毎年受講してほしいことから、落第式に改めたそうです。とてもユーモアがありますね。驚くことに『光明学院大学校歌』もあるそうです。

 実はこちらの『光明学院大学』金川会長さん、相場さんとは全国老人クラブ大会が富山県で開催され、その時に「優良老人クラブ表彰」を受賞された際に、ご一緒させていただいたので久しぶりにお会いして単位クラブの様子を伺った次第です。

 一番びっくりしたのは、過去の事績がしっかり保存されていることでした。写真をずっと見ていくと「第1回修了証」とあり、『相場ナツ 殿』と書かれてあり、「あれ??」と思いお電話で伺ったところ、相場さんのお母様の修了証だということでした。

 先輩たちからずっと引き継がれてきた『光明学院大学』の歴史、素敵ですね。

 皆さんにもご紹介したいと思い、PDFファイルにて掲載しています。きれいに掲載できず申し訳ありませんが、少しでも『光明学院大学』の歴史に触れていただければ幸いです。(一部お名前等は削除して掲載させていただいています)

    pdficon.png  上大隈老人クラブ『光明学院大学』55周年記念誌 

 

ページ移動

ユーティリティ

2018年10月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
  • ←
  • →

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed